アンケート入力

アンケート(データ)入力でベリファイ入力でなぜミスがでるのか

ベリファイ(2度目)入力でも入力ミスの原因

  • 一人目のオペレーターが「365」と入力(正しいデータは「356」)
  • 二人目のオペレーターが「356」と入力(一人目入力と違う場合、キー入力がストップするのでモニターを見て「356」と修正入力)
    ベリファイ入力者が入力ミスの原因
  • ベリファイオペレーターは一人目のオペレーターが入力ミスした場合、ヘリファイオペレーターはキー入力が進まないので入力資料を確認して「356」が正しいと分かり「356」と2回入力でミス修正
    ★入力ミスの原因は目で確認した時は「356」と分かっても頭の中で入力する時「563」とうる覚えで「563」と2度入力してミスになるケースがあります。

入力する前に必ずロジックをかけた入力プログラム作成

  • 身長の入力の場合「50~190」で入力規制
  • 190cmの人もいますが稀で190cm以上入力した場合、キー入力が進まないためモニターと入力原稿を確認をして190以上が間違いない場合190以上の入力
  • 上記で解説したようにデータ入力で「ノーミス」はありえません。たまに「ノーミス」を謳っている会社を見受けますが、誇大広告です
  • たまに指摘される「10000」→「100000」で「0」が1個多いですが、入力会社の入力ミスは1タッチです。
  • 国のデータ入力の入力ミス基準はベリファイ入力でミス率は「0.3」以下が許容範囲とされています。

入力の「ノーミス」はありえないのか

  • 新聞や雑誌などはほとんど「ノーミス」です
  • 新聞社や雑誌社は入力ミス「0.1」の入力ミスをつぷすために更にチェックをかけて入力ミスを防いでいます
  • 文章などであればAIで入力ミスを見つける事ができます。
  • Wordにデータを流しこむと文章であれば入力ミスを見つける事ができます
  • 人名などはAIでも入力ミスをみつけるのは困難です

アンケート調査票作成でたまに見受ける注意したい3点

選択肢の前に数値がない

選択肢の前の数値の間違い

単位に気づかなで回答

アンケート集計ドットコム
タイトルとURLをコピーしました