webアンケート

調査票

webアンケート(無料のGoogleフォームと有料のQookerアンケートシステムをご紹介)

webアンケートはネット上でアンケート等をするアンケートシステムです。パソコンは勿論スマートフォンからも回答が可能なweb上のシステムです。様々なwebアンケートシステムがありますが下記のwebシステムをご紹介します。

1)無料のGoogleフォーム
2)有料のQookerアンケートシステム

Google フォームとは

Google フォームとは、GoogleのサービスのひとつとしてGoogleが提供している無料ツールで、オンライン上で使用することが可能です。Google フォームを使えば、アンケートフォームや投票フォームなどをパソコンに不慣れな方でも簡単な操作のみで作成できます。

出来上がったGoogleフォームは、そのままWebページへ組み込めるのでHTMLやCSSなどの専門知識がなくても少し勉強すれば容易に利用できる点も魅力です。

Google フォームのメリット・デメリット

Googleフォームは誰でも無料で簡単に利用できる優れたフォーム作成ツールですが、有料のフォーム作成ツールと比べるといくつかデメリットになる部分はあります。

Googleフォームは様々な機能を持っていてたくさんのメリットがある一方デメリットもあります。どのようなメリット及びデメリットがあるのかを解説いたします。

Google フォームのメリット

簡単でスピーディに作成できて、テンプレートが豊富に用意されている

Googleフオームの魅力として挙げられるのは「簡単にピーディに作成」出来る点です。Googleフォームは、会員向けの簡単なアンケートやイベントの出欠確認など、様々な用途に応じたテンプレートが用意されています。目的に沿ったテンプレートが見つけて作成すれば、質問内容を微調整するだけでフォーム作成を完了すればそれで出来上がりです。
ご自身で撮った写真や作成したロゴを使用する事ができるので、回答者にとっては回答し易い設計でフォーム作成が可能です。デザインの知識が特になくてもフォームの作成する事ができます。

Excelフォームに似たGoogleスプレッドシートに連携

問い合わせやアンケート管理をExcelのようなGooleのスプレッドシートに回答された内容が作成されるので集計作業なども容易にできます。

Googleフォームでは、Googleスプレッドシートと連携して、問い合わせ内容やアンケート結果を自動で集計してくれます。
わずらわしい集計作業が簡単に出来て、データ分析などほかの作業に専念できます。

また、回答状況をリアルタイムで確認できるほか、グラフで視覚的に確認することもできます。

さまざまな形式の質問を設定できる

Googleフォームではプルダウン形式や選択式、評価スケールなどの質問形式を設定できます。

また、フォームに画像やYouTube動画を追加できるほか、回答内容に応じて、質問を自動的に表示させることもできます。非常に柔軟で高度なアンケートの作成が可能です。

Google フォームのデメリット

何がGoogleフォームのデメリットですか

デザインのカスタマイズはほとんどできない

Googleフォームではテンプレートやテーマを選ぶことはできますが、自分でデザインを変更することはできません。
自分好みのデザイン作成はできないので、アンケートフォームに拘る人には不向きです。

Googleフォームの集計は単純集計のみ

アンケート集計は単純集計は当たり前ですがクロス集計など複雑な集計はできない。クロス集計は性別や年齢などの属性から各設問にクロス集計をしますがそれが出来ません。例えば女性の20代の好みの化粧品は何ですか。という場合単数回答で女性を選んだ方で年齢は20代を選んだ方が、複数回答の好みの化粧品を選んだ方の分析をしますが、このようなクロス集計はできません。

複雑な問い合わせ対応はできません

Googleフォームには、問い合わせに対して単独で自動返信するような機能や、問い合わせやアンケートが入力されたことを通知するような機能がありません。

よってカスタマーサポートなど、高度な問い合わせ管理が必要な場合には適していません。

Googleドライブの容量に制限がある

GoogleフォームはGoogleドライブ上で利用しますが、基本的にGoogleドライブの容量を圧迫することはありません。ただし、ファイルをアップロードする形式の回答を利用した場合には、Googleドライブの容量を超えたデータの収集・登録ができません。

Googleフォームの使い方

  1. Googleフォームを使用したい時、下記のフォームより空白のフォームかテンプレートギャラリーのテンプレートを選択します。docs.google.com/forms
  2. Googleフォームを使用すると、回答者に回答を得るためのアンケート、求人への応募、イベントの出欠確認、テスト、注文書、休暇申請など、さまざまなフォームを作成できます。
  3. さらに、Googleフォームを使って連絡先情報を収集し、ExcelのようなGoogleスプレッドシートにまとめることも可能です。
  4. フォーム自体のタイトル、説明、セクションなど、ほぼすべての箇所をニーズに応じてご自身で作成が可能です。さらに画像や動画を追加することも可能です。
  5. Googleフォームの作成が完了したら、右上の[送信]ボタンをクリックし、送信先のEメールアドレスを入力します。または、フォームをブログ記事やランディングページに埋め込んだり、リンク自体を送信したりすることもできます。

Googleフォームのテンプレート

一般的なビジネスシーンに使えるテンプレートが、カテゴリーごとにいくつか用意されています。

Googleフォームのテンプレートを見るには、Gmailのページを開き、右上の[Google アプリ]のボタンをクリックし、表示されるメニューから[フォーム]を選択します(メニューに表示されない場合は、一番下の[もっと見る]をクリックします)。

[テンプレートギャラリー]の横にある上下の矢印をクリックすると、使用できるすべてのテンプレートが表示されます。

Qookerアンケートとは(有料のwebアンケート)

Webアンケートシステム・クッカーは、インターネットでアンケート調査をするためのオンラインWebアンケートシステムです。
アンケート用紙を使った従来の方法に比べ、アンケートの作成から集計までの手間や時間、コストを飛躍的に削減できます。
クッカーを使えばネットリサーチ会社に頼ることなく、どなたでも簡単にネットリサーチができます。

回答者が回答し易い管理画面

管理画面から簡単にアンケートフォームが作成できます。

QookerにはGoogleフォームにない問い合わせやThahkyouメール機能がつしている。

アンケート回答をしたのに相手方に届いているのか心配と思いますが、Qukerアンケートフォームには、回答した時に「Thank youメール」が用意されているので、回答したアンケートを相手方が受け取った事がわかります。

QookerのフォームにはGoogleフォームにない、問い合わせに対して単独で自動返信するような機能や、問い合わせやアンケートが入力されたことを通知するような機能があります。

料金体系

初期費用は無料です。月額3,000円(税抜)から、1ヶ月間だけの利用もできます。お試し期間はサンプル数10件までで1か月の期間で用意されています。

本格的に使用したい場合、プランとボリューム数で料金が設定されています。

機能

アンケート基本設定

①基本情報編集・・・アンケートフォームの基本的な情報の編集
②コメント作成・・・アンケートフォームに表示されるコメントの編集が出来る。HTMLタグの使用が可能。
③ページ分割・設問ソート・・・ページ作成・編集・削除、及び各ページへの設問登録、フォーム内の設問の並び替えが出来る。
④ページ移動作成・・・ページを複数作成している場合、これからページの移動方法を設定できる。

デザイン設定

HTML設定・・・アンケートフォーム各画面のHTMLソースをカスタマイズできる。
CSS設定・・・アンケートフォームのデザインを項目別に編集できる。各背景色・フォームサイズ・スタイルシートの編集が出来る。

メール設定

回答メール配信設定・・・こちらに登録した管理者宛てにアンケートに回答があったことをお知らせすることができます。メール本文に回答情報が記載されます。
サンキューメール設定・・・アンケートに回答した方へメールを自動配信する事ができます。メール本文の作成・編集・設定・解除ができます。
リマインダー設定・・・こちらに登録した管理者宛てにアンケートの公開・終了をお知らせすることが出来ます。
空メール設定・・・空メールの受信後に自動配信されるメールの作成・編集・解除が出来ます。
その他の設定・・・提携画像設定、公開日設定、セキュリティ設定、システム設定

※詳細はQookerホームページを参照してください。

webアンケートが有れば紙媒体アンケートは不要か?

webアンケートのメリットはスマホやPCで簡単にアンケートに回答できるのが最大のメリットです。しかしアンケート対象者がスマホやPCに不慣れな年代にアンケートする場合には、webアンケートは不向きです。

webアンケートで回答者にアンケートを告知するには、回答者のメールアドレスのデータを持っているか、又はアンケートの案内状などでQRコードをスマホで読み取ってアンケートを回答をしてもらう必要があります。

紙媒体が主流のアンケート

紙媒体アンケートのデメリットはアンケート対象者にアンケート用紙を渡し回答してもらい、その回答用紙を回収しなければいけません。

更に回収したアンケートのデータ入力が必要になります。かなり手間がかかってしまいますが、複雑なアンケートの場合 回答率は紙媒体アンケートの方が高いです。

アンケートの調査内容にもよりますが、紙媒体アンケートでQRコードなど記載してwebアンケートを載せても紙媒体の方が回収率は高いのが一般的です。

アンケート設計もかなり良く出来ても、アンケート対象者に回答をもらわなければ意味がありません。

まとめ

簡単なwebアンケートは無料のGoogleフォームがお勧めです。内容が複雑なwebアンケートや設問数が多いアンケートはQookerアンケートがお勧めです。両方ともHTMLやCSSなど専門的なプログラムを知らなくても簡単に作成できます。

アンケートで最も困難な事はアンケート対象者にいかにして告知してアンケートの回答を貰えるかになります。各回答者にメールやはがきで告知する方法やアンケート用紙などの場合 手渡しでアンケートなどの回答をお願いする場合が多いと思います。

メールの場合はアンケートのURLを送れば良いと思いますが、はがきやアンケート用紙の場合「QRコード」を記載してスマホで読み取って回答してもらう場合やスマホなど苦手な人には紙のアンケートで回答してもらう事がアンケートの回収率を高めるのに役立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました